読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵巣嚢腫を腹腔鏡手術で摘出しました

タイで受けた健康診断で卵巣嚢腫摘出を勧められ、バンコクにて腹腔鏡手術で腫瘍の摘出をしました。卵巣嚢腫についてお調べしている皆様に情報連携を込めて、摘出決定~術後の経過まで詳細に記録に残します。

術後1日目

寝ては起きて、寝ては起きて。


4:30
明らかに痛みで起きます。
痛みも下腹部の外傷ではなく、
みぞおちが呼吸の度に酷く痛みます。


痛いので体制を変えたりして
どうにか耐えられないか
試行錯誤しますが身じろぐと
傷が痛み、痛みに板挟みにされます。


6:00
血圧、検温


呼吸の度の痛みで眠れなかったところ、
看護婦さんが血圧を測りに来たので
事情を話すと痛み止めを
点滴してくれました。


これが、こう、ぐわんっと
酔っ払ってしまったような
軽い麻酔のような感じのもので
入れられると寝てしまいます。


7:00

起こされて飲み薬を飲まされます。
(吐気は良くなってました。)


8:00
清掃


私は痛みと薬の眠気で
挨拶もままなりませんでした。。


9:30
体拭き


すみからすみまで綺麗にしていただき、
朦朧としながらも初めての体験だ、と
思っていました。


11:00
呼吸の痛みがしんどく、
更に痛み止めを点滴します。
(痛みは筋肉痛に近いような痛み)


この時、カーテンが床屋さんにある
ぐるぐる?のように
上に巻き上がってるような
幻覚も見ました。


13:00 
先生回診


無事に摘出出来たとのこと、
問題ないこと、を伝えてくれました。


みぞおちの痛みは
おそらくお腹に空洞を作るために
入れたガスによるものだとのこと。
そのうち、鎖骨や肩も痛むかも、と。


予想範囲内の痛みなんであれば
良かったと安心してまた眠りました。


15:15
重湯、リンゴジュース、チキンスープ
リンゴジュースのみ少し口にしました。


15:30
尿道カテーテル外し
今朝から何かが私に入ってる…と
思ってはいましたが、
尿道カテーテルだとは
分かっていませんでした。 


外してから、
だから尿意がなかったのか、
と妙に納得しました。


外すのは…痛かったです…。
うっ!と声が出ました…


16:00
清掃


この時は起きれていたので
サワディーカーとご挨拶。


17:00
コーンスープ、リンゴジュース、ヨーグルト


17:30
点滴に捕まってフラフラしながら
自力トイレ


18:00
点滴の痛み止め


19:30
看護婦さんに手伝ってもらい
ヘルプトイレ


血圧や検温はしょっちゅう来てたので
割愛しました。。
おそらく約2時間おきくらいでしょうか。


熱は常に約37度くらいでした。 


痛みがあるが故に寝返りが
ほとんど打てない状態で
おしりや背中が痛くもなりました。


ベットが自動で背もたれが上がったり
フラットになるものだったので
起き上がるのが楽で
本当に助かりました。


初めて利用しましたが
なんて優しいベットなんだ!と
感動したくらいです。


背中や腰が動けないために
痛いときはリクライニングを
起こして体制を変えたりしました。


普段、腹筋なんて気にもしてませんが
日常生活でとても頻繁に使う筋肉なんだと
再確認しました。
(座り直すのにも使っていて
 痛い思いをしました笑)


また、1日目は殆ど寝ていました。


頻繁に起こされるため、
寝た気がしなかったのと、
通常よりも眠気が強かったためです。