読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵巣嚢腫を腹腔鏡手術で摘出しました

タイで受けた健康診断で卵巣嚢腫摘出を勧められ、バンコクにて腹腔鏡手術で腫瘍の摘出をしました。卵巣嚢腫についてお調べしている皆様に情報連携を込めて、摘出決定~術後の経過まで詳細に記録に残します。

再検査

卵巣嚢腫の再検査に翌日も病院へ行きました。

 

予約を取っても1時間くらいは

普通に待たされ、やっと先生に会います。

 

先日の女医さんではなく、

男性の優しそうなタイ人のお医者さんでした。

 

昨日の超音波写真などを一緒に見ながら

紙に絵を描いて大きさやどこにあるのかなどを

説明してくれました。

 

ずっと日本語通訳さんがいてくれたので

会話にはなんの問題もありませんでした。

 

その後、先生自身に内部超音波?的なもので

患部を見てもらい、超音波映像を見ながら

説明してくれました。

 

子宮の丸みが綺麗でいいですね、とか

患部以外の雑談?説明もあって

とても感じがよく、

先生に対する不信感はありませんでした。

 

腫瘍はみかんくらいの大きさだねって言われて

ここで初めて、えっ、て

思って不安になりました(笑)

 

卵巣の何倍も大きいよって

卵巣模型を見ながら言われて、

Oh....って声が出ました笑

 

それを聞くまではどこか他人事のように

淡々と進めていたような気がします。

 

その後、きちんと腫瘍の中身を

検査したい、とCTをするように言われました。

 

もう、先生信頼しますーと、即座にOK。

いつやる?今日?と言うので

今日できるなら今日やる、と伝えると、

OK、今日の夕方ねって。

 

その時点で昼10時。

予約は夕方4時。

 

暇だな、ご飯食べてもう一回来よう、

なんて考えてたら。

 

今から何も食べないでね、と。

 

 

造形剤使うからね、と。

 

ほほう、、、水もダメとはちょっと辛い。

まあ、仕方ないので了承して病院を出ました。

 

当初の予定だったチャトチャックへの

買い出しを悩みつつ、暇だし、

家にいたら何か食べたくなっちゃうかも、と

出かけることにしました、、、、が、

これは間違いでした。。