読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卵巣嚢腫を腹腔鏡手術で摘出しました

タイで受けた健康診断で卵巣嚢腫摘出を勧められ、バンコクにて腹腔鏡手術で腫瘍の摘出をしました。卵巣嚢腫についてお調べしている皆様に情報連携を込めて、摘出決定~術後の経過まで詳細に記録に残します。

健康診断で状況を告げられる

バンコク 健康診断 卵巣嚢腫

私と同じ境遇の方へ情報共有のために

記録を残します。

 

 

バンコクのサミティベート病院で

健康診断受けました。

 

女性1の12000バーツの物にオプションを

多々付けて23310バーツでした。

海外旅行保険は使用できないため、

ちなみに実費で支払いをし、会社に請求です。

 

日本と変わらないような内容の健康診断を

受けている中で、

下腹部超音波がとても丁寧だったので

なんでかなーと少し不安になりつつ、

次の女医さんの婦人科検診でサラッと

検診前に会話したところから

この話は始まります。

 

女医さんが先ほどの超音波写真を見たようで

「左の卵巣に6センチくらいの腫瘍がある、

  取った方がいいサイズなので、

  後日、きちんと専門医に

  みてもらってください。」

と通訳さんを介して伝えられました。

 

私は元々8年前くらいから

卵巣嚢腫があることは

認識していましたが、

2-3センチと小さかったため摘出は不要、と

経過観察をしてきていました。

 

まさか1年で倍の大きさになるとは

あんまり考えていなかったので

少し驚きましたが、

そうか、取る時が来たんだ、と

納得しました。

 

その後、その女医さんに婦人科検診中、

腫瘍部分圧迫され、

「痛い?」と言う声に被せる形で

「痛い痛い痛い」と言ったら

笑ってました、先生。笑

 

こんな感じでゆるいタイランドで

腫瘍を取ることになりました。

 

健康診断後、最後の内科医検診で

早速再検査を、と言われ、

翌日に予約を取ってその日は帰宅しました。

 

お会計:23310バーツ(健康診断代)